Advanced class

― 応用クラスでは、小紋着物から付下げ・訪問着の「柄合わせ」について詳しく学びます。 ―

小紋着物の柄合わせ

基本の小紋着物の柄合わせです。

柄に方向がある物、方向のない物、

大柄や飛び柄、市松模様など古典柄、

それぞれに基本のルールがあります。

実際の着物を見ながら、確認していきましょう。

 

 


付下げと訪問着の違い

仕立て上がってしまうと、一見違いが分かりずらいですが、仕立てる前の状態は全く違います。その違いを見ていきましょう!


訪問着の柄合わせ

時に訪問着は、

小紋着物の柄合わせに悩んだとき、

その解決へと導いてくれます。

訪問着の柄は、

ポイントの部分へダイレクトに柄付されています。

どのように計算されて柄付されているのか、

見ていきましょう。


 

詳しい講座内容はこちらから >>>



ブログ記事はこちら


〇ADVANCED CLASS(応用クラス)トライアル講座のお申込みはこちらから>>>お申込み・お問合せフォーム